LINE Payで自動車税を支払ってみた

前回の通り、AQUOS SH-M05でLINE Payを使えるように設定が完了した。

LINE Payを導入した理由であるが、今年度の自動車税を納付する為である。
我が県では、今年からLINE Payでの納付に対応したようなので、試してみたかったのと、LINE Payのキャンペーンにより、500円がプレゼントされるからである。

自動車税納付書に同封されていた、LINE Payでの納付方法を見る限り簡単そうであるので、
この手順通りにやってみた。

まずは、LINEのホーム画面から、右下のウォレットをタップして、その後に請求書支払いをタップする。

すると、コードリーダーが起動するので、納付書に記載されているバーコードを読み取る。バーコードのピントが合いづらく、多少コツが必要であった。

 

バーコードが上手く読み取れると、請求書支払いの確認画面が表示される。

内容が正しいことを確認し、お支払いボタンをタップする。すると、確認画面が表示された後にPayパスワードを要求されるので、インストール時に設定した6ケタの数字を入力する。

パスワードが合っていれば、下のようなかわいらしい画面になり、支払いが完了する。

これで、コンビニや金融機関などに出向かなくても、自宅で自動車税の支払をすることができた。ただ、この方法の場合、レシートや領収書が発行されないので、ちょっと不安になる。

そこで、この支払い画面をキャプチャーして印刷するなどして、エビデンスを残しておいた方が安心である。

また、自動車税を支払った後に、LINE Payもらえるくじなるモノを受け取った。

これをタップしてみたところ、1円が当たったのであった。(おそらく、参加賞程度のモノであると思うが)

自動車税だけで考えると、トータルで501円得したことになった。このようなメリットがあれば、来年以降もLINE Payで支払おうかな?と思ったのであった(´∀`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする