AQUOS sense3 SH-M12に電子マネーを引っ越してみた その1

新しいスマホを購入後に行う設定はいろいろあるが、それなりの手間が掛かるモノとして、電子マネーの引っ越しがある。

それぞれの電子マネーについて、設定方法をまとめてみた。

1-1.モバイルWAON編

モバイルWAONは、以前のAQUOS sense lite SH-M05を購入した時と同じ手順で行うことができた。どの電子マネーよりも、一番順調に引っ越すことができた。

以前にまとめた詳細な手順は、ココのリンクからどうぞ(゚∀゚)

1-2.nanacoモバイル編

nanacoモバイルについても、以前と同様な手順で引っ越すことができた。

ただ、相変わらず機種変更の手続きによって、nanaco番号が変わってしまった。
nanaco番号を何かに登録している場合は、変更する手続きを行わないといけないので、気を付けよう。

以前にまとめた詳細な手順は、ココのリンクからどうぞ(゚∀゚)

クレジットカード&スマホ決済&電子マネーをかしこく使う キャッシュレス攻略ガイド

新品価格
¥858から
(2019/12/10 22:52時点)

1-3.楽天Edy編

楽天Edyについても、以前とほぼ同様な手順で引っ越すことができた。

以前と変わった部分としては、受け取り手順が進化していたことである。クレジットカードのセキュリティコードを入力するだけで、オートチャージが自動で設定できるようになっていた。

また、nanacoモバイルと同様に、Edy番号が変わってしまうので注意する必要がある。

以前にまとめた詳細な手順は、ココのリンクからどうぞ(゚∀゚)

他の電子マネーについては、長くなりそうなモノもあるので、次回以降に紹介しようと思うのであった(´∀`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする