AQUOS sense3 SH-M12にファミペイを引っ越してみた

次は、ファミリーマートで使えるバーコード決済であるFamiPayについて、SH-M12へ引っ越しをやってみた。FamiPayは、導入当初のような素晴らしいキャンペーンを行うことはほぼ無くなって残念である。しかし、残高がそれなりに残っており、たまに使うこともあるので引っ越しをすることにした。

1.旧端末(SH-M05)での作業

旧端末では、残高を預けたりパスワードを発行したりなどの作業を、何もしなかった。

2.新端末(SH-M12)での作業

新端末にファミペイアプリをインストールして起動すると、ログイン画面になる。

ログインボタンをタップして、電話番号とパスワードを間違いなく入力してログインすると、その電話番号宛てに認証コード記載のSMSが送られてくる。それを入力することで、ファミペイアプリは使えるようになった。

ここで、ファミペイとFamiPayが違うモノを指していることに注意しておきたい。

・ファミペイ・・・アプリの名称

・FamiPay・・・バーコード決済の名称

うーん、難しい(´・ω・`)

インストールしてログイン直後では、ファミペイは使えるが、FamiPayは使えない状態になっている。FamiPayを使えるようにするには、ファミペイアプリトップの”FamiPayを使う”スイッチをオンにする必要がある。

これをスライドして、ファミペイ暗証番号を入力することにより、ようやくFamiPayを使えるようになる。

無事に、引っ越し前と同じ残高が表示された。

ちなみに、何も処置を施していない旧端末のファミペイが、どういう状態になっているのかが気になったので、起動してみた。すると、ログインが無効になったとのメッセージが表示され、強制的にログオフされたようだ。

しっかりと、二重ログオンできないようなシステムになっていたのだ。電子マネーとしては当然ではあるが、強固なセキュリティになっていると感じた。

ただ、FamiPayは、現時点ではファミリーマート以外の実店舗では使用できないので、他の店舗で使えるようになればいいな。と祈りながらFamiPayを使うことにしよう。(´∀`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする