AQUOS sense3 SH-M12のセットアップをしてみた

これから、AQUOS sense3 SH-M12のセットアップを始めたいところだが、念の為に事前に充電をしてみた。すると、本体右上に内蔵のLEDが点灯した。

今まで使っていたSH-M05のLEDは右下だったが、個人的には右上でピカピカ光る方が見やすかったので、この点は良かったと感じた。

SHARP SIMフリースマホ AQUOS sense3 ブラック SH-M12-B

新品価格
¥35,999から
(2019/12/4 22:18時点)

フルに充電が終わったので、SH-M12本体右側にある電源ボタンを、ポチッと押してみた。

起動画面が表示されて少し待つと、いつも通りのようこそ画面が表示された。

ポチポチとタップしていくと、キーボードの選択や、ネットワークの接続を選択する画面が表示された。

キーボードは、ATOKを使うつもりなので、適当に選択した。
SIMカードは余りがなかったので、とりあえずはWi-Fiに接続してセットアップを続けることにした。

続いて、データを引き継ぐかどうかを問われる画面が表示された。
今回は、クラウドからバックアップを選択してみた。

スマホのデータのバックアップは、定期的にクラウド上にバックアップされていたようで、それを選択してセットアップを進めた。

しばらくして、バックアップデータの復元とアプリのバージョンアップなどが行われ、今までとほぼ同じホーム画面が復元された。

ただし、一部のアプリは諸事情により復元されないようであった。
それでも、個々のアプリをインストールし直すよりは、かなり手間が省けたようだ。

なお、復元されたアプリたちは初期化状態だと思われるので、個別に再設定が必要だと思われる。これからは、地道に設定を進めて行こうと思うのであった。(´∀`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする