AQUOS sense3 SH-M12にSIMカードを挿してみた

前回のモバイルSuicaの引っ越しの際に、SIMカードを認識させないとインストール作業が進まなかったので、旧機種のスマホからSIMカードを取り出して、SH-M12に挿してみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SH-M12-B SHARP(シャープ) AQUOS sense3 SH-M12…
価格:38280円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

まずは、SIMカードスロットを本体より引き出し、SIMカードを乗せてみた。
スロットの枠が細く、SIMカードがカチッと嵌まるような感触がないので、単にカードを乗せるだけである。

続いて、SIMカードを乗せたスロットをSH-M12本体に差し込み、電源を入れてみた。
ネットワークの設定画面を見てみると、モバイルネットワークがNTT DOCOMOと表示され、認識できていることが分かる。

更に、APNを選択することにより、無事にdocomoの回線に接続することができた。
このSIMカードはIIJmioなので、たくさんの選択肢の中からIIJmioを選択した。

 

他にもプリセット済みの回線が各種揃っており、大抵のSIMカードであれば、複雑な設定をすることなく接続できそうだ。

ところで、今回SIMカードを入れ替える際に気付いたのだが、今回購入のSH-M12と今まで使用していたSH-M05を比較すると、SIMカードスロットの形状がほぼ同じであることに気付いた。右がSH-M12で左がSH-M05である。

この写真の通り、黒いカードスロットの部分がほぼ同じ寸法に見える。
microSDカードスロットのところに段差を付けて、2枚目のSIMカードが入るようになっている。

旧機種のスロットから形状をほとんど変えずに、新機種で2枚のSIMカードに対応させることは、素晴らしいコストダウン案件だと気付いたのであった。(´∀`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする