楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のSIMをSH-M12に挿してみた

楽天モバイル以外で購入したSH-M05(AQUOS sense lite)で、Rakuten UN-LIMITが無事に動作したことが確認できたので、他の端末でもお遊びで挿してみることにした。

今回は、数ヶ月前にSHARPから発売されたSH-M12(AQUOS sense3)で試してみた。
ちなみに、この機種については、楽天モバイルからは販売されておらず、SIMカードを入れ替えてご利用いただける製品や対応製品には、記載されていない。

なお、楽天モバイルでは、ほぼ同じ仕様の製品としてAQUOS sense3 liteというモノが発売されている。そのため、もしかしたら普通に使えるかもと思っていたのであった。

まずは、楽天モバイルのSIMカードを、SH-M12のSIMトレーに乗せてみた。
相変わらず、SIMカードの楽天ロゴが異彩を放っている。

SIMトレーをSH-M12本体に差し込み、起動させてみた。ロック解除前の画面を見てみると、なんと、左上にRakutenの文字列が表示されていた。

ロックを解除して、ネット通信や電話を掛けてみても、普通に使うことができた。APN設定を行わなくても、自動で接続できていた。

対象機種と公認されていない機種でも、あっさりと使えてしまうのであった。(´∀`)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★30…
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/4/17時点)

ついでに、SH-M12でのRakuten Linkアプリの挙動も見てみた。

SH-M05のときと同様にアプリをインストールして起動したのちに、以前は発狂しそうになった認証コード画面にたどり着いた。

恐る恐る、指先をプルプルさせながら送信するボタンをタップした。すると、1回で送信が完了し、自動的に認証コードが入力されたのであった。そんなに慎重にならなくても良かったのね。

何事も問題無くオンライン表示になった。動作確認をしてみると、普通に電話を使うことができた。

ということで、対象機種と公表されていないSH-M12でも、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)が利用可能であった。
意外と、非公式の機種でもあっさりと動作しちゃうのかしら?と思うのであった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする