arrows M02にゴールドポイントカードアプリをインストールしてみた

arrows M02のおサイフケータイアプリを何気なく見ていると、他にも使えそうなアプリがあることを発見した。今回は、ヨドバシカメラが提供している、ゴールドポイントカードアプリをインストールしてみることにした。

ちなみに、自分のヨドバシカメラ利用履歴はそれなりに長く、約25年ぐらいであると思う。そのため、こんなレトロなデザインのゴールドポイントカードを持っている。

良く見てみると、表に記載されている郵便番号が3ケタである。また、裏面に記載されている店舗数もかなり少ない。

最近では利用頻度が高い、AKIBAや上大岡などの店舗が記載されていないのだ。また、当時の横浜店は今の三越跡地ではなく、小さめの店舗が複数あった記憶がある。

ヨドバシ.com大躍進の舞台裏 ネット通販11社の成功法則 関連サービス260まとめ (インプレスムック)

新品価格
¥1,944から
(2017/11/21 22:07時点)

余談が少し長くなってしまったが、このアプリをスマホにインストールすることにより、レジにスマホをかざすだけで、ゴールドポイントが付くようになる。

さっそく、Google Playよりゴールドポイントアプリをインストールしてみた。

インストールボタンをポチッとタップすると、インストール作業は問題なく順調に終わった。

アプリを起動すると画面が切り替わり、ヨドバシドットコムの会員IDとパスワードの入力画面になる。

自分の場合は、ヨドバシドットコムの会員には既に登録済みだったので、これを入力するだけであった。ヨドバシドットコムの会員に登録してない場合は、この作業を始める前にアカウントを作っておいた方がいいだろう。

問題なくログインできると、続いて、おサイフケータイへの登録画面に切り替わった。

この画面では、赤い登録するボタンをタップするだけである。登録作業が完了すると、自分のお名前とゴールドポイントの残高が表示される。


これで、アプリの設定とおサイフケータイへの登録が終わったようである。

ポイントカードアプリが、いろいろ機能がありそうなのでちょっと触ってみることにした。
まずは、ポイントの詳細を見てみた。

すると、残高や有効期限などが表示される。直近で買い物したレシートを捨ててしまった場合などでも、すぐに確認できるのは非常に便利である。

また、今までの取得累計や、利用累計を確認することもできる。
見てみると、今までの取得ポイントが200,000を超えていたのには、ビックリであった。この数値はレシートには出てこないので、初めて知ることができた。

ポイントが10%として計算すると、200万円もヨドバシカメラでお買い物したことになる。
こんなにヨドバシカメラで購入したんだなぁ~としみじみと感じたのであった。

ヨドバシゴールドポイントカード

新品価格
¥0から
(2017/11/21 22:07時点)

もう一つ見つけた機能として、設定を変えることにより、楽天edyを使用した時にゴールドポイントを貯めることができるように設定を変えられることも分かった。

方法は簡単で、登録を申請ボタンをタップして数日待つだけである。
完了すると、楽天Edyを200円利用するごとに、ゴールドポイントが1ポイント溜まるようになる。

これで、レトロなポイントカードを持ち歩かなくても、arrows M02さえあれば、ゴールドポイントがいつも以上に溜まるようになるのであった。

また、持ち歩かなくなったポイントカードを額縁などに入れて、記念に保管しておくのもいいかなと、思ってみたりした。(´∀`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする