AQUOS ケータイ SH-01Jを買ってみた【購入手続き編】

約7年もの間、俗に言うガラケーのN-06Aを使用しているが、液晶の画面が突然白濁して見づらくなってしまった。目を凝らせば、なんとか画面に表示されている内容は判別できるが、そろそろ寿命なのかなと思い、ガラケーを買い替えることを決断した。

個人的には、以下の条件を満たせるように、買い替え計画を探ってみた。

FOMA回線を維持して、毎月の料金を現状維持にする。

2台持ちを続けるので、新しいガラケーは通話専用として使いたい。

端末の代金を安く抑えたい。

これらを満たすことが可能であるかを調べてみると、FOMAの回線で使用できるガラケーは、DOCOMOの公式では既に販売終了となっていることが分かり、FOMAを維持することは不可能のようだ。

それでも、通話に適したガラケー風味のAndroidな端末が、ドコモケータイというグループで発売されている。ただ、機種については、AQUOS ケータイ SH-01JP-smart ケータイ P-01Jの2機種しか発売されていないようであった。あまり需要がないんだろうね。(´・ω・`)

この2機種を比較してみた結果、AQUOS ケータイ SH-01Jを購入することにした。

SH-01Jの購入手続きは、ドコモオンラインショップで行うことにした。

購入の手続きは、端末の在庫があったので問題なく終わったが、プランの変更で何度も引っかかってしまった。ドコモケータイを購入する場合は、FOMAからXiへ回線を変更しなければいけなかったのだ。

主な変更手続きをまとめてみた。

1.料金プランの変更

FOMAタイプSSバリュー+ひとりでも割50 ⇒ カケホーダイライトプラン(ケータイ)

料金は数百円上がってしまうが、5分以内の通話が無料になるので、今までと同じように使うことができそうだ。

2.パケットプランの変更

パケ・ホーダイ ダブル ⇒ Xiケータイパック

SH-01Jは、通話のみに使用する予定である。Xiケータイパックを契約すれば、Wi-Fi以外で通信しない設定にすることにより、現状とほぼ同じ最低限の通信料金に抑えることができる。

3.SPモードの変更

spモード(iモード契約可)を解約し、普通のSPモードを再契約する必要がある。なお、料金は同じである。

4.その他

iモードや、iモードアクセス履歴検索サービスの解約

iモードの解約によって、iモードで使っていたメールアドレスが消えてしまう。iモードとSPモードの両方でメールアドレスを持っていたので、どっちのアドレスが消えてしまうのかが不安であった。問い合わせた結果、ガラケーのマイメニューから辿って行けば消えるアドレスを調べられることが分かった。

また、iモードアクセス履歴検索サービスの解約は、インターネットの手続きでは解約することができず、下の画面で手続きが止まってしまうのであった。

ドコモインフォメーションセンターに電話をしなければ解約できなかったが、その電話がなかなか繋がらず、かなり時間を食う作業であった。(´・ω・`)

PET製フィルムなのに強化ガラス同等の硬度! 『9H高硬度【光沢】保護フィルム AQUOS ケータイ SH-01J (メイン用・サブ用 2枚組)』

新品価格
¥1,213から
(2018/2/7 22:55時点)

これらの困難な道のりを乗り越えて、ようやく手続きを終わらせることができた。
なお、上の条件で述べた端末代金については、\30,000程度となってしまったが、月々サポートが付くので、実質無料にすることができた。

後は、SH-01Jが届くのをワクワクしながら待つだけである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする