楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のSIMをSH-M05に差してみた

先月申し込みをした、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のSIMカードが無事に到着した。
このプランは、1年無料!ということなので、家にあるどれかのスマホで接続できればいいや!という軽い気持ちで購入したのであった。

中を開封してみると、簡単なマニュアルとSIMカードが入っていた。

SIMカードの入った袋から取り出してみると、1枚で標準SIM・microSIM・nanoSIMのどのサイズにも適用できるようになっていた。

今回このSIMカードを使うスマホは、SHARPのAQUOS sense lite SH-M05にすることにした。楽天モバイルの対応機種を調べてみると、SH-M05が対応しているとの記載があったからである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Rakuten Mini
価格:21800円(税込、送料無料) (2020/4/8時点)

楽天で購入

ただ、このスマホは楽天からではなく、ここに記載した通りにヨドバシドットコムで購入したものである。果たして、楽天モバイルバージョンじゃないスマホでも、接続できるのかが不安ではあった。

とりあえずは、ダメ元でやってみることにした。

まずは、SIMカードを取り出してみた。

SH-M05は、nanoSIMなので、nanoSIMサイズに切り取る必要があった。かなり小さいので、力を入れすぎるとベキッ!と折れてしまいそうだった。

無事に切り取ることができたので、SH-M05のSIMトレイに入れてみた。SIMカードには楽天のロゴが入っており、楽天モバイルが独立したキャリアであることを強調している。

続いて、トレイをSH-M05本体に差し込み、電源を入れてみた。

すると、今までは左上にNTTdocomoの文字列が表示されていた部分に、”Rakuten”と言う表示になった。楽天がついにキャリアの仲間入りしたのだと実感した。

この状態でWi-FiをOFFにしてブラウザを立ち上げると、普通に表示することができた。
また、今回のSIMに割り当てられた電話番号に電話すると、普通にSH-M05で通話することができた。おそらく、正常に開通作業が行われたようだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/4/8時点)

楽天で購入

ということで、楽天で購入していないSH-M05でも、楽天モバイルを利用できるようであった。これで、1年間は無料で堪能できそうである。

ただし、自宅付近はかなり郊外なので、真の楽天モバイルのエリアではない。1日も早く、楽天モバイルのエリアの整備を願うばかりである。(´∀`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする