AQUOS SH-M05にOutlookをインストールしてみた

以前紹介したように、AQUOS SH-M05でのキャリアメールの送受信については、プリインストールされていたメールアプリを使っていた。
しかし、そのアプリを使っているうちに、リアルタイムでのメール受信ができないのは、厳しいなと感じ始めていた。そこで、何かいいアプリはないかと探してみた。

無料のメールアプリもいろいろあり、調べれば調べるほど迷ってしまうのであった。
そこで、今までに使ったことがなくて、そこそこ評判が良さそうなのをインストールするという大冒険をしてみることにした。

その結果、マイクロソフトが提供しているOutlookをインストールすることに決定した。

Microsoft Outlook

新品価格
¥0から
(2018/3/28 22:08時点)


PC用ソフトとして提供しているメールソフトと同じ名前であるので、それなりの安心感がある。また、Windows版のOutlookは有料なのに、Androidのは無料で提供しているところも素晴らしいと感じた。

インストールは、他のアプリと同様にGoogle Playより、検索するとすぐに見つけることができる。

インストールボタンをポチッと押すと、アプリのダウンロードが始まる。30MB以上と結構な容量があるので、Wi-Fi経由でダウンロードした方がいいだろう。

インストールが終了すると、初期設定画面が起動するので、手順通りに項目を入力するだけである。

まずは、アカウントの追加作業ということで、キャリアメールのメールアドレスを入力する。

 

次に、パスワードを聞かれるので、dアカウントのパスワードを入力する。
また、表示名についても、任意の文字列を入力する。

すると、アカウントを追加する作業が終了し、今までに送受信したメールのダウンロードが自動的に始まる。

ちなみに、メールサーバーの設定は、メールアドレスから判断しているのか、こんな感じで自動で設定されていた。

ドコモのサイトで公開されている、メールサーバーの設定情報を入力する必要がなかったので、スムーズに作業を進めることができた。

メールの受信が終わり、フォルダには一般的なメールソフトと同様に、メールの一覧が表示された。AQUOS SH-M05でも、問題なく動作をしていることが確認できた。

これにより、メールの受信もタイムラグがなくなり、リアルタイムになったので、安心してメールをチェックすることができそうだ。

ただ、Outlookには謎の機能がある。それは、優先受信トレイという機能である。
これを有効にすると、重要なメールを自動で仕分けして優先トレイに入れてくれるようだが、個人的には、それほど大量のメールを受信しないので、不要だと感じた。
設定画面から、優先受信トレイの機能をオフにするだけである。

また、リアルタイムでメールの受信をするとなると、電池の消耗が多くなったように感じた。
フル充電後に一日電池が持たないというような、極端な電池持ちの悪さではないので、それはそれで仕方がないだろう。

ということで、AQUOS SH-M05へのOutlookのインストールが無事に終わったのであった。(´∀`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする