AQUOS SH-M05にPokemon GOをインストールしてみた

AQUOS SH-M05を本格的に使うための事前準備が完了したので、いろいろなアプリをインストールすることにした。まずは、Pokemon GOについてまとめてみた。

新しい端末にインストールするのは久しぶりなので、アカウント名とパスワードは何だったっけ?と、ほとんど記憶になかった。

とりあえずはインストールしてみようと思い、Google PlayよりPokemon GOを検索し、インストールボタンをポチッとタップした。

ダウンロードの容量は、85MB近くもある。初期の頃に比べて、1.5倍ぐらいに増えたように感じる。


こんな容量なので、Wi-Fiでダウンロードした方が良さそうだ。

インストールが完了すると、生年月日の入力画面になり、入力し終わるとアカウントの選択画面になる。今まではポケモントレーナークラブは利用していなかったので、Googleアカウントを選択した。

すると、アクセス許可画面に変わるので、許可ボタンをタップする。この操作で今までと同じように、Pokemon GOがスタートした。

 

Googleのアカウントでログインする場合は、アカウント名やパスワードは必要なかったのであった。どうりでそれらを入力した記憶がなかったわけだ。

ただ、Pokemon GOをプレイしてみると、位置情報を取得できないメッセージが表示し続けた。AQUOS SH-M05の設定内容を調べてみると、デフォルトで位置情報がオンにはなっていたが、バッテリー節約モードになっていた。

これを表示させるには、右下の設定アイコンをタップし、表示されるメニューを下の方へスクロールすると表示される。
位置情報をタップすると、モードが表示されるので、ここを更にタップすると、3つの選択肢が表示される。これを高精度に選択すれば大丈夫である。

これで、arrows M02の時と同じようにプレイすることができた。

arrows M02の時と比較すると、動画が滑らかであり、画面のグラフィックが綺麗に表示されるようになった。さすがはIGZO液晶!といった感じである。また、GPSでの位置情報については、電車やバスなどの公共交通機関に乗車中でも、ほぼ正確に捉えられるようになった。

ついでに、Pokemon GOプラスを接続してみた。arrows M02では、数週間前のアップデート以来、ほとんど接続できなくなってしまった。本体が故障したのかと思い、電池の入れ替えをしてみたが、全く変化はなかった。

Pok・mon GO Plus (ポケモン GO Plus)

新品価格
¥4,000から
(2017/12/11 22:40時点)


AQUOS SH-M05ではどうなるかと思い、今までと同じ手順で接続しようとしてみた。
すると、問題なくあっさりと接続できた。再接続とかではエラーが出る場合があるが、1回Pokemon GOを再起動すれば大丈夫なようだ。

 

とりあえずはAQUOS SH-M05で問題なくプレイできるので、ポケモンゲットが更に捗りそうである。(^ω^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする